酒さ(しゅさ)とは・・

酒さ,しゅさ

 

【酒さの症状】

 

酒さ(しゅさ)とは顔の肌が赤みを帯びる慢性的な症状のことです。

 

名前の通り、まるでお酒を飲んでいるかのように顔が赤くなります。

 

 

酒さは一時性の紅潮が毛細血管の拡張により、

赤らむ症状が持続する病気です。

 

酒さの症状がでている肌を触ると熱くなっていることが多いです。

 

症状が出ている時に化粧品や石鹸などを使うと

刺激を受けやすく、ヒリヒリとした熱感を感じます。

 

--------------

 

【酒さの症状段階】

 

酒さは症状の重さによって3段階に別れます。

 

・第一度酒さ(紅斑性酒さ)

 

紅斑性酒さは顔、おもに頬の毛細血管が赤い糸くずみたいに目立ち、紅潮する症状です。

 

紅斑性酒さは女性に多く見られます。

 

・第ニ度酒さ(酒さ性座瘡[ざそう])

 

酒さ性座瘡[ざそう]は顔が紅潮するのに加えてニキビのようなできものができる症状です。

 

酒さ性座瘡は女性に多く見られます。

 

・第三度酒さ(鼻瘤[びりゅう])

 

鼻瘤[びりゅう]は第ニ度でできたできものが、

さらに悪化し、コブのように盛り上がったようになる症状です。

 

鼻瘤は男性に多く見られます。

 

----

 

第一度から始まるとは限らず、第三度の症状がいきなりでる場合もあります。

 

発症する年代は中高年以上に多いですが、

必ずではなく、子供時分に発症するケースもあります。

 

軽度の酒さは意外と多く発症していますが、

ニキビやアトピーなどと併発しているケースが多く、

酒さだと気づかないことがたくさんあります。

 

--------------

 

【酒さと乾燥肌の関係】

 

酒さの症状がでると、上で説明した通り、肌が高熱を持ちます。

 

肌の水分を蒸発させるほどの熱です。

 

それで肌が乾燥しやすくなります。

 

そこで保湿クリームなどを塗っても、

熱がこもってしまい、さらに熱を帯びやすくなります。

 

結果、保湿クリームを塗っているのに肌が乾燥するという事態が起こるのです。

 

---------

 

【酒さと酒さ様皮膚炎は別物】

 

酒さ様皮膚炎は酒さと見た目は同じ症状ですが、

酒さとは違う病気です。

 

酒さ様皮膚炎はステロイドの使用による副作用と

はっきりと原因がわかっています。

 

なので、ステロイドをヤメれば酒さ様皮膚炎は治癒するとされています。

 

ですが、酒さ様皮膚炎も

酒さのでやすい体質の人に多いというデータもあります。

 

-----------

 

【酒さの治療法は?】

 

原因がハッキリと解明されていない病気です。

 

根本的な治癒方法はまだ見つかっていません。

 

なので、テトラサイクリン系抗生物質や抗菌薬のメトロニダゾールで

症状を緩和しながら、症状を軽度へとコントロールしていく方法が一般的です。

 

しかしいずれの薬ももとはニキビのようなブツブツに効果のある薬なので、

酒さには有効ではないという声もあります。

 

また漢方の十味敗湯が効果があるという医師もいて、

十味敗湯の処方により、治癒したという人がかなり多くいるそうです。

 

確かな治療法はまだありませんが、

治癒したという人もたくさんいるので

あきらめずに冷静に対応しましょう。

 

------------

 

【医師も判断が難しい】

 

肌の炎症やニキビ、アトピーなどと併発することが多いため、

医者に診てもらっても、酒さだと診断されないことや、

誤診が多いのが現状です。

 

誤診を防ぐためにも、そこまでに至る経緯をできるだけ詳しく説明しましょう。

 

----------

 

【酒さに対して自分できること】

 

ステロイドを使っていたら、

一時凌ぎはできますが、

根本的な治癒は訪れません。

 

なので、まずステロイドの使用はできればストップしましょう。

 

酒さと酒さと伴って起きるニキビや炎症などの肌トラブルと

1つ1つ向き合っていくのが、大変ですが確かな方法です。

 

酒さを悪化させる原因に

 

・激しい温度差

 

・紫外線

 

・熱い飲み物

 

・刺激の強い飲食物

 

・アルコール

 

・ストレス

 

・化粧品

 

..などがあります。

 

-----------

-----------

 

※これより下は個人的な意見です。

医学的根拠などは全くありません。

 

こうして見ると、

 

・温度を上げるもの

 

・刺激のあるもの

 

・興奮させるもの

 

・負担(ストレス)がかかるもの

 

..がよくないという感じです。

 

 

この対極にあるのは、

 

涼しくて、低刺激で、落ち着いて、快適な、

 

..そんな言葉を連想させます。

 

 

避けるべきものは避けて、

なるべく涼しくて、刺激が少なく、落ち着いて、快適な場所に

身を置くようにするのも1つの方法かもしれません。

 

興奮した度合いが大きく、

それが収まりきらずに、

血管が拡張して、赤くなり、

熱もあがる..そんなイメージが湧きます。

 

例えば、森のなかをイメージしてみてください。

 

真夏の暑い日などでも、

少し標高の高い山の日陰、

さらに川が流れていたりすると、

ひんやり涼しいものです。

 

酒さ,しゅさ

 

そして、森のなか、山のなかというのは、

たいてい落ち着いています。

 

1つは人間で外敵が少ないということもありますが、

森のなかはたいてい刺激が少なく、快適なものです。

 

動物と動物の争いや、生き物も一定数死んで腐敗してるのでしょうが、

森のなかはいつも空気が澄んでいます。

 

森のなかはそういった争いなどの興奮や死体の腐敗などを

包み込んで沈静化してしまう作用があるのです。

 

沈めて静かにしてしまう作用。

 

肌が赤くなり、熱がでるのを

沈めて静かにしてしまう作用、

そんなイメージが持てるといいですね。

 

山や自然が怒ると、とんでもないですが、

やはりそれは滅多にないことです。

 

通常は何が起きても山は自然はノホホンと

サイクルを淡々と重ねているのです。

 

ひとたび、街に降りると

街の温度に朦朧とします。

 

街の熱が自分のキャパを越えて

まだまだ上昇していきそうな時があります。

 

体の熱もあがり、頭の温度もあがり、

熱中症になってしまいそうです。

 

しかし、私はたまに山の日陰で快適な場所で

バイクを止め、その雰囲気を体に取り入れます。

 

そしてそのイメージを持って山を降ります。

 

そのイメージを持って、街の興奮や熱に

かつがれないように、いつでも快適な日陰を

心に持っています。

 

山や自然の沈静化の作用は

とても参考になると思います。

 

こう書くと、本格的な登山をしてるように聞こえますが、

バイクや車などでちょっと走れば行けるような場所です。

 

そんな場所があなたの近場にも

どこかにあるはずです。

 

治癒するイメージ。

 

イメージは第一歩..

 

第一歩になりますように。

 

>>酒さに効果があるとされる乳酸菌抽出物LFK配合の乳酸菌サプリについて


page top