【善玉菌を増やす究極野菜】ゴボウがオススメの理由。

善玉菌,野菜

 

このサイトでは乳酸菌サプリを紹介していますが、

乳酸菌を継続して体内に摂り入れるとともに、

 

菌のエサになる、善玉菌を増やすための

食材も一緒に摂ることでより理想的な

腸内環境になることができます。

 

善玉菌を増やすための食材とは

善玉菌のエサになる食材です。

 

善玉菌のエサになる食材とは、

ズバリ!食物繊維を含んだ食材です。

 

食物繊維には種類があって、

 

・水溶性食物繊維

 

・不溶性食物繊維

 

..があります。

 

善玉菌のエサになるのは

水溶性食物繊維です。

 

水溶性食物繊維とは

水に溶ける性質を持った食物繊維のことです。

 

腸内細菌にとって、

不溶性食物繊維は分解がされづらく、

逆に水溶性食物繊維は分解されやすく、

エサになることができるのです。

 

エサがあることで善玉菌は活動的になり、

酸を作り出します。

 

すると、腸内が酸性になり、

より善玉菌が優位の理想の腸内環境になるわけです。

 

とはいっても、不溶性食物繊維にも役割があり、

水溶性も不溶性もどちらも摂る必要があります。

 

特に日本人は前世代で

両方の食物繊維が不足がちと言われています。

 

特に水溶性食物繊維が不足がちと言われています。

 

水溶性食物繊維を積極的に摂ることで、

腸内環境が理想的になりますし、

便秘時などは水溶性食物繊維を多く摂ることで

解消されるケースがたくさんあります。

 

≪水溶性食物繊維を豊富に含んだ食材≫

 

善玉菌,野菜

 

・ゴボウ

 

きんぴらごぼうやサラダなどで

よく食べる機会のあるゴボウは

腸のために是非摂りたい食材です。

 

ゴボウは食物繊維が豊富です。

 

しかもイヌリンと呼ばれる水溶性食物繊維と

リグニンと呼ばれる不溶性食物繊維を含んでいます。

 

特にイヌリン(水溶性食物繊維)が豊富なので、

善玉菌にとっても嬉しい食材なのです。

 

さらにはこれまた善玉菌のエサとなる

オリゴ糖も豊富に含まれています。

 

W(ダブル)で善玉菌にとって嬉しい食材なのです。

 

さらにさらに!

 

ゴボウにはクロロゲン酸というポリフェノールも豊富に含んでいます。

 

ゴボウは調理時にアク抜きをしますね。

 

その時水がちょっと黒っぽくなります。

 

その黒っぽさの正体こそ、

クロロゲン酸なんです!

 

クロロゲン酸は抗酸化作用や

ダイエット効果、美肌効果、老化防止など、

良い効果がたくさんあります。

 

クロロゲン酸はゴボウの皮の下に豊富に含まれています。

 

またクロロゲン酸はあく抜きの水に溶けやすい性質があります。

 

なので、

ゴボウの皮むき、アク抜きともに

最低限にすることでクロロゲン酸を

よりたくさん摂ることができるんです。

 

>>厳選された5種の乳酸菌を配合したサプリについて


page top