乳酸菌の持つダイエットへの驚くべき影響!

乳酸菌,ダイエット

 

乳酸菌の持つダイエット効果を示すものとして

以下のような実験があります。

 

太った人の乳酸菌、

痩せた人の乳酸菌を、

それぞれ普通体型の

同じ大きさのマウスに移植したものです。

 

乳酸菌,ダイエット

 

http://www.lvw.co.jp/nyusankin_lab/column05.html より引用。

 

それぞれのマウスに与える餌は

内容、量ともに同じものです。

 

..するとどうでしょう..

太った人の乳酸菌を移植されたマウスは太ってしまい、

痩せた人の乳酸菌を移植されたマウスはスリムになったのです!

 

同じものを食べていても、

乳酸菌の環境が違うことで、

消化効率などが違って、

この差が生まれるのです。

 

これからわかることは、

腸内の乳酸菌、ビフィズス菌の環境が

ヒトの成長、体重増減、健康などに

あたえる影響は大きいことです!

 

≪理想の乳酸菌摂取とは・・≫

 

太ってしまうことは、

全体のバランスからいえば、

よろしくないことですね。

 

太っていることは普通ではありません。

 

強制的にそう言ってるのではなく、

ヒトの骨格や立った時のバランスの取り方を考えると、

やはりスリムにお腹も出ていない状態が普通なんです。

 

太っていることはバランスが偏っている状態なんです。

 

太っているヒトは体重バランスが偏っているだけでなく、

腸内環境も偏っていることが多いのです。

 

乳酸菌の種類や量が偏ってることが、

体重バランスの偏らせてしまうのです。

 

【バランスが良いとは・・】

 

バランスが良いとはどういうことでしょう?

 

バランスを意識する必要がありますね。

 

バランスを意識するとは、

全てを万遍なく..ということですね。

 

これを乳酸菌に当てはめるなら、

摂るべき乳酸菌を万遍なく摂る..ですね。

 

腸内環境とは、

十二指腸、小腸、大腸..のことです。

 

乳酸菌は種類によって、

生育する場所が違います。

 

つまり、小腸だけで生育、活動する菌だけを摂っていても、

バランスが悪い..ことがわかりますね。

 

十二指腸、小腸、大腸、

それぞれで活動する菌を

万遍なく摂ることが、

理想的な腸内環境を作り出すのです。

 

菌の環境が偏っていない、

バランスの良い腸内環境になったならば、

自然とスリムになれることが期待できます。

 

なぜならば、ヒトの骨格、体重バランスからいうと、

スリムであることが理想的だからです。

 

環境が整えば、

骨格、体重バランスに叶った体型に

なろうとするのが自然だからです。

 

>>理想的な乳酸菌の摂り方についてもっと詳しく見てみる

 

>>厳選された良質乳酸菌を5種配合したサプリについて見てみる


page top