京都の漬物から発見されたラブレ菌の効能。

ラブレ菌

 

 

【ラブレ菌の効能】

 

・腸管の代謝活動を活発化→消化効率の向上。

 

・腸内環境を整え、肝臓の解毒作用をバックアップ→便通改善・更年期障害の軽減に効果。

 

・腸の免疫を高め抵抗力をサポート→発ガン・発病防止や老化に効果。

 

・悪玉コレステロールの排出→心筋梗塞や脳梗塞を予防。

 

 

 

【ラブレ菌とは?】

 

ラブレ菌について説明する前に、

 

乳酸菌には動物性乳酸菌植物性乳酸菌の2種類あることをご存知でしょうか?

 

 

 

動物性乳酸菌の特徴】

 

ヨーグルトなどの乳製品に含まれる乳酸菌です。

 

糖分があって温かい環境にて活動を活発化します。

 

 

 

植物性乳酸菌の特徴】

 

漬け物や味噌などの日本でもなじみの深い発酵製品に含まれる菌です。

 

温度が低く、酸性度強いところでも、活動できます。

 

 

 

 

動物性乳酸菌が育つ乳製品の環境とは、

 

赤子にあげるミルクのように刺激がなく、栄養も豊富な優しい環境です。

 

 

一方、植物性乳酸菌の育つ発酵環境は、塩分が強く、

 

菌が繁殖するのに、決して恵まれた環境ではありません。

 

むしろ過酷な環境です。

 

 

なので、過酷な環境で育つことのできる植物性乳酸菌は過酷な環境でも死滅せずに活動できるんです。

 

 

ラブレ菌植物性乳酸菌なんです。

 

ラブレ菌は京都の伝統的な漬け物・すぐき漬から発見された乳酸菌なんです。

 

 

 

ラブレ菌

 

【恐るべし、けど頼もしくもある胃酸】

 

 

乳酸菌はヨーグルトや食品で口から摂取して腸に届きます。

 

途中で胃を通らなければ腸に辿り着くことはできません。

 

 

胃のなかの胃酸の強さは強酸性で塩酸と同じです。

 

その酸度の強さのおかげで、食べ物を消化できるし、

 

ウィルスなどを殺菌できるのですが、

 

 

そこを通過して腸がゴールの乳酸菌にとっては、

 

胃は難関中の難関なのです!

 

 

動物性乳酸菌は、胃で大半が死滅してしまうのですが、

 

植物性乳酸菌ラブレ菌は胃を生きたまま通過し、腸に辿り着くことができるんです。

 

 

こう書くと、動物性乳酸菌って死滅するんじゃ摂っても意味ない?

 

と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

 

 

腸は、死滅した動物性乳酸菌を必要とするのです。

 

腸内の善玉菌や植物性乳酸菌ラブレ菌は死滅した動物性乳酸菌を肥やしに活動をするからです。

 

死滅してまっても腸に良い影響を与えることができるんですね。

 

 

カルグルトにはラブレ菌も含めた質の素晴らしい乳酸菌が5種類配合されています。

 

 

カルグルトの詳しい紹介はこちらです。

 

ラブレ菌


page top